インターンシップ

インターンシップとは

インターンシップとは、「学生・生徒が、自らの専攻や将来希望する職業に関連した職場で業務を体験すること」とされており、労働への意欲・態度を高めるとともに、必要とされる専門的知識・技能や職場に関する理解を深めて、自己の適性や志向に照らし具体的に進路を考える機会として大きな役割を果たしています。また、インターンシップは、学生が社会的・職業的に自立するうえで必要な能力を身につけるための教育方法のひとつとして挙げられるなど、その重要性は今まで以上に増しています。


本学では、インターンシップへの参加を希望する学生に対し、4月と5月に事前研修会を実施し、インターンシップの概況やビジネスマナーについての研修を行っています。これを受け、平成30年度は延べ約430名の学生が企業等でのインターンシップ(5日以上のプログラム)に参加しました。


また、インターンシップを授業科目として単位化している学部、それを予定している学部では、学部独自のインターンシップへの取り組みがありますので、学部でのガイダンス等に注意してください。


*行政関係等、大学を経由して申し込むインターンシップは、受入先が定める締切とは別に、手続きに日数を要します。大学への提出締切が定められていないものについては必ず、提出書類等の準備を始める前に、所属学部・研究科のインターンシップ担当者に確認してください。


H30年度開催予定インターンシップガイダンスについては、「就職ガイダンス予定表」のページをご覧ください。


インターンシップ報告書について

インターンシップ終了後は、インターンシップ報告書(Word版PDF版)を作成し、所属の学部・研究科教務担当窓口に提出してください。


※提出された報告書は本学の報告書(冊子)に掲載することがあります。
※文中では、機関名(企業名等)及び関連機関の実名は明記せず、A社・B機関等で記載してください。
※提出前に各機関(企業等)へ報告内容に問題がないか必ず確認してください。

インターンシップ誓約書について 

インターンシップでは、受入先の規律(就業規則、服務規程)、守秘義務等を遵守することを誓約した上で、参加することが必要です。

名古屋大学の誓約書ひな形Wordを使用し、受入先の指示に従い提出するようにしてください。なお、受入先企業(機関)指定の様式がある場合は、所属学部・研究科教務担当窓口へご相談ください。


インターンシップ募集案内

名古屋大学宛てに送付されたインターンシップ情報を『名古屋大学ポータル』にて公開しています(各学部・研究科の教務担当窓口でも情報公開しています)。

『名大ポータル』の「キャリアサポート室」タブ内にある「インターンシップ情報」をご覧ください。『名大ポータル』サイトは こちら
また、本学は、「東海地域インターンシップ推進協議会」に参加しており、本システムに加盟している愛知県庁等の東海地域に拠点を置く組織のインターンシップへの申込をWeb上で行うことができます。
詳しくはキャリアサポート室または、各学部・研究科のインターンシップ担当係(担当一覧はこちら)にお問い合わせください。

また、留学生に向けたインターンシップ情報(夏季・春季等)を留学生タブにて紹介していますので、ご覧ください。